SARM

音楽活動を開始した18歳の頃にjazzやblackmusicと出会い.、自らの音楽性へと変換しシンガー活動をスタート。
19歳の時に現役アーティストでありDance Music Creater のKIMITO(THE GAME SHOP)をプロデューサーに迎え、共にoriginal track制作をスタート。
SARMの天性である個性的で迫力のあるvintage voiceを活かし、現代音楽とルーツ音楽の融合から生まれた新たなElectro Jazz Musicを確立。
2015.02.11よりSoundCloudよりFree配信された楽曲(LindyLindy)は、瞬く間に各方面へと噂は広がり高評価を獲得。
2015.秋にはDanceMusicBand''THE GAME SHOP''とスタンダードJAZZとして有名なIt Don't Mean a thingでカバーコラボレーション。共にTRANSIT asia tourにて台湾、香港、日本と共演を果たす。
2016年、1月にはダンサーLnPとのコラボレーションステージとしてTokyoDomeCityへ出演。三浦大地/YU-A/Leadなど豪華アーティストと共演。3000人の観客を前に個性的な演出で圧巻のパフォーマンスを披露。
2016年、4月27日、初のシングルLindy Lindyを全国タワレコ、HMV、ヴィレッジヴァンガードなど各CD SHOPにてリリース!!
天才的なアート性やファッション性への評価も高くモデルとしての活動も展開。

シンガー名SARMの由来は"Sun And Moon"太陽と月が無ければ人や植物、生きている物全てが生きられない、私がいないと生きられない、絶対的な存在でありたいと思う気持ちが込められている。